ドライスーツとセミドライ

冬のサーフィンの必須アイテムといえば「ドライスーツ」「セミドライ」です。

これが無いと冬場のサーフィンは不可能です。

今回は、ドライスーツとセミドライの違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説しています。

これから購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク


ドライスーツとセミドライの違いは?

基本的に使用されている生地や素材に大きな違いはありません。

ジャージ素材やラバー素材、ブランドやモデルによってはこれらを組み合わせて作られていたりもします。

シルエットもほぼ同じで、裏地が起毛タイプになっていたり、特殊な素材を追加して保温性を高めています。

そのため、どちらもウェットスーツの中では最も高価なものに当たります。

 

ドライスーツの特徴

ドライスーツの大きな特徴はその名の通り、“ドライ(=乾いている)“で水の浸入はほぼありません。※ちょっとは入ります。

そのため、ブーツと一体化になっています。グローブは一体化していません。

水の浸入をシャットアウトするので、冷たい海水で体温が下がるのを防いでくれます。

手首部分は二重構造のダブルカフになっているため、グローブから浸水してくることもほぼないです。

よく極寒の地の海で潜っているダイバーがいますが、あれは完全にドライスーツです。

軽量なタイプが多いため冬でも快適なサーフィンが可能となります。

ただ、価格はウェットスーツの中で最高クラスに高いです。

 

セミドライの特徴

セミドライはその中の通り、セミのドライなので完全に浸水を防ぐものではありません。

海水は入ってきますが、普通の3mmフルスーツと比べると極力浸水しないような構造になっています。(ジップ部分が防水仕様など)

春・秋で使っていたフルスーツがいよいよ寒くて無理になってきたらセミドライの登場といったところです。

サーフスポットや気温にもよりますが、別途オプションでブーツやグローブを装備すれば、真冬でも十分対応可能です。

価格はドライスーツよりやや安価といったところです。

 

メリット・デメリット

価格がさほど変わらないのであればドライスーツの方が有能では?と思いがちですが、それぞれ全く正反対のメリット・デメリットがあります。

高価なものなので、ここをチェックしておかないと後悔に繋がります。

ドライスーツのメリット

浸水がほぼ無い

冷たい海水で体温が下がりにくい

インナーを着用しやすい

インナーの種類を選べる

着替え時が寒くない

セミドライよりやや軽い

ドライスーツのデメリット

ウェットスーツの中では最高クラスに価格が高い

なかなか乾かない

ちと動きにくい

浸水チェックなどの定期点検が必要

空気を含みやすいのでドルフィンがしんどい

波のサイズを選ぶ必要がある

エア抜きを怠ると事故の可能性もある

おしっこできない

 

セミドライのメリット

乾きが早い

ドライより安い

まだ動きやすい

使えるシーズンがドライより長い

洗いやすく、手入れがラク

波のサイズを選ばなくて良い

おしっこできる

セミドライのデメリット

浸水する

体温が下がりやすい

インナーは薄いもの限定

寒さによってはブーツやグローブが必要

着替えが寒い

セミドライよりやや重い

 

それぞれのメリット・デメリットまとめ

 ドライスーツセミドライ
乾き易さ
浸水
インナーの着用

幅広く可能

限定的
着替え時

あまり寒くない

寒い
軽さ
価格
メンテナンス

めんどくさい

ラク
動き易さ
波サイズ

選ぶ必要あり

選ぶ必要無し
シーズン
真冬
冬~真冬
催したら…
NG
できる

 

いかがでしょうか。

名前は似ていますが、メリットやデメリットを見てみると結構正反対な部分が多いです。

自分にとってどちらが良いのか、サーフィンするポイントや波のサイズ、頻度などによって検討する必要があるでしょう。

 

自分はセミドライ派です!

セミドライ

どっちか迷いますよね。

私もかなり迷いました。

決して金持ちではありませんし、高価な買い物なので迷いに迷ったあげく…セミドライにしました。

私の決め手は以下の4ポイント…

動きやさすさ重視

入るポイントが太平洋メイン

手入れがラク

おしっこが我慢できない

 

最大のポイントはサーフスポットかと思います。

さすがに極寒の地でのサーフィンはドライを選択しますが、日本の太平洋側、以西のポイントがメインなので、そこまでガチガチに対策しなくても良いかなと思いました。

セミドライにしてみて、それでも寒さが我慢できなければドライを検討する…ってな感じで思ってましたが、結局何年経ってもセミドライでいけてます。

もちろんブーツも着用していますが、12月の秋冬や3月の冬春あたりが微妙な気温なので、ここでセミドライのブーツ無しバージョンに助けられています。

 

決めてはどうする?

で、どう決めるかはあなた次第…なのですが、

ドライスーツとセミドライのデメリットをチェックしてみて、自分はここは絶対我慢できないなと思うのであれば違う方にしたほうが良いでしょう。

我慢して逆を選択すると、快適なサーフィンとは程遠くなります。

 

まとめ

ドライスーツとセミドライの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。

何れにせよ、”冬でも快適なサーフィン”を楽しめることが重要ですね。

ウェットスーツは日々進化を続けています。

一昔前に比べて、冬でも動きやすく、温かくサーフィンできるようになってきていますので、ベストなウェットスーツを探してみてください。

 

こちらもチェック >冬のサーフィンの必需品9アイテムを紹介

 

スポンサードリンク