BYRDは、プロサーファーである”チェイス氏”がプロデュースするライフスタイルブランドです。

60年代のメンズサーフカルチャーをベースに、ポマード、ヘアスタイルアイテム、ボディケアアイテム、バスアイテムといった商品を展開しています。

今回はその中でも“テクスチャライジング サーフスプレー(TEXTURIZING SURFSPRAY)”をご紹介します。

なんぞその長い名前の商品は…

簡単に説明するとヘアスタイリング剤です(・∀・)

BYRDサーフスプレーの概要、使用方法、レビュー、デメリット、購入方法などを解説していきます。

 

スポンサードリンク


BYRD テクスチャライジング サーフスプレーを解説

海の風景

BYRD TEXTURIZING SURFSPRAY(バード テクスチャライジング サーフスプレー)はヘアスタイリング剤です。

自然なツヤ感や毛束感を与え、カリフォルニアの潮風を浴びたスタイリングをイメージしています。

BYRDは男性向けですが、当然女性の方が使用しても問題ないです。

公式での紹介では、このサーフスプレーを女性の方が使用している画像もありました。

 

サーフスプレーの概要

 

 

内容量 :177ml
価格  :税込¥2,700
サイズ :5.3×17.5cm
原産国 :アメリカ
主な成分:加水分解キノア種子,PEG-40水添ヒマシ油,バオバブ種子タンパク加水分解物,フェノキシエタノール,海塩,ローズマリーエキス, ヒポファエラムノイデス果実エキス,ヒマワリ油,スギナエキス,ココヤシエキス,緑茶葉エキス,クエン酸…etc

 

テクスチャライジングサーフスプレーは、潮風を浴びた海上りのような自然スタイルを作る“ヘアスタイリング剤”です。

特徴としては、

9種の必須アミノ酸・豊富なたんぱく質が含まれているキヌアを配合

シーバックソーン抽出物が髪を補修して栄養を与える

シーソルトとココナッツウォーターが自然なツヤ感と適度なボリュームを与える

髪にバリアを作って紫外線などから髪を守る

香りはココナッツ、シーソルト、バニラ、パイナップルをブレンドした“ソルティーココナッツ”で海を感じる良い香りです。

内容量は177mlで、大体お酒のワンカップが180mlと近いです…

 

向いているヘアスタイル

BYRDのサーフスプレーに合いそうな髪型

※イメージね

テクスチャライジングサーフスプレーは、ショート~ミディアム~ロングヘア、そしてストレートからウェーブヘアまですべてのスタイリングに対応できます。

特にパーマ系のウェーブヘアは毛束感や流れを際立たせることができます。

いずれのヘアスタイルにも使用できますが、“ツヤ感を出したいスタイル”に向いています。

マットな感じではないです。

ショートヘアや毛流れを強調しにくいヘアスタイルにはベースとして使用するのがおススメです。

 

オススメの使用方法

BYRDのおススメの使用方法

サーフスプレーだけを使用する場合は、髪全体にスプレーするか、手のひらにスプレーして、かき上げるように全体に馴染ませます。

手グシでウェーブや毛流れを際立たせるようして自然な毛束感とツヤを出して仕上げるのがベーシックな使い方でしょう。

個人的な使い方として、サーフスプレーとポマードの両方を使う方法もおススメです。

サーフスプレーだけではセット力が弱いので、まずサーフスプレーを使用してベースを作ります。

その後にセット力の強いBYRDのクラシックポマードを使って仕上げます。

ちなみにBYRDのポマードはライト・クラシック・マット・クレイの4種類ありますが、クラシックポマードが一番オススメです。

ライトはその名の通りセット力が強くないのでサーフスプレーとの両立には向いてません。

そしてマットはセット力重視になるので、せっかく出したサーフスプレーのツヤ感を抑えてしまいます。

その点、クラシックであれば程よいツヤ感とホールド力があるのでサーフスプレーとの相性も良いでしょう。

 >BYRDクラシックポマードの詳しい解説やレビューはこちら

 

 

実際に使ってみた感想

サーフスプレーを使ってみた感想

BYRDテクスチャライジングサーフスプレーを実際に使ってみました。

使用方法は先ほどの通り、まずサーフスプレーを髪全体に吹きかけて手グシで揉みこむように馴染ませます。※束感を出すイメージで

その後にBYRDクラシックポマードを使って全体のスタイリングを仕上げました。

ちなみにクラシックポマードは少量でもスタイリング力があります。

感想としては、サーフィン後にシャワーを浴びて、タオルドライして、ちょっと乾いてきたときの、あの良い感じのヘアスタイルを作れた感覚です。※分かりにくくてすません…

自然な毛束感ができますが、固めるスプレーのガチガチ感や実際の海の後のギシギシ感はありません。

サーフスプレーがココナッツ系の香りなので、ポマードの香りともマッチします。

使用量を更に増やせばもっとツヤ感や毛束感が強くなります。

 

BYRDサーフスプレーのデメリット

なかなか使い心地の良いヘアスタイリング剤ですが、BYRDテクスチャライジングサーフスプレーにも最大のデメリットがあります…

それは価格です…

税込みで2,700円のヘアスタイリング剤はなかなか高価なところでしょう。

お金持ちならこの価格なんて!と思うかもしれませんが、庶民の私にとっては気にせず使いまくるなんて事はできない…

大切に使っていきたいところです…

でも大切に使うということは、必要な時だけ使用するケースがほとんどなので、逆にそれが良いのかもしれませんね。

 

ご購入方法について

一部サーフショップでの取り扱いもありますが、探し回るのも大変なのでネットでの購入が早いです。

Amazon・楽天・Yahooショッピングなど大手通販サイトで探すのが良いでしょう。

テクスチャライジングサーフスプレー ¥2,700

 

合わせて使用したいBYRDクラシックポマード(42g) ¥2,160

 

 

ボトルデザインもオシャレなので置いてるだけでインテリアになりますね♪

使い終わっても飾っておこう…☆

 

「BYRD」について
現役プロサーファーのチェイス・ウィルソンは高校時代のあだ名が”Big Bird”であったことから、名前を配して2012年に「BYRD」立ち上げました。 なんとまだ24歳。BYRDが放つテイストは、どこか懐かしい60’年代のノスタルジックなテイストで、サーファーの感性を刺激するものです。カリフォルニアから現代の忙しいライフスタイルの中で、格好よさを追及する男性の願望に応えてくれます。

 

スポンサードリンク