サーファーがやるべきヘアケア対策

サーファーにとって海水による髪の毛のダメージは避けて通れない事です。

私も髪の毛が比較的長く、更にパーマヘアなのでサーフィン後のシャワーでギシギシになってしまいます。

そのまま何もせず放置するのはヤバイかなと思い、シャワー後には最低限洗い流さないタイプのヘアミルク(トリートメント)を使ってケアを続けています。

そこで今回は、海水成分によって髪の毛がどうなるのか…そしてその対策方法についてご紹介いたします。

 

スポンサードリンク


海水がもたらす髪の毛への影響

ダメージヘア

海水で最もダメージを受けるのが“髪の毛”でしょう。

サーフィン後の髪の毛のギシギシ感バサバサ感に悩む方も多いはずです。

それも当然…

海水の成分は8割が塩化ナトリウム、1割が塩化マグネシウム、そして1割が硫化カルシウム、硫化マグネシウム、塩化カリウムといった成分です。

これらは髪の毛にダメージを与える要因となります。

髪の毛を染めていたり、パーマヘアだったりすると元々傷んでいた髪の毛に更にダメージを加えることになります。

ダメージを与える5つの要因

1.紫外線でダメージ増大…

以下に紹介する「海水成分によるダメージ」に加え、海では強い紫外線を浴びるのでダメージが増大します。髪の毛の主成分のケラチンが破壊され、酸化が進んで髪の毛が傷みます。

2.海水塩分で乾燥する…

海水の塩分濃度は大体3.5%と高く、髪の毛が海水に濡れると髪の毛内部の水分が外側へ抜けていきます。そうすると髪の毛自体が乾燥状態になり、切れ毛の原因に繋がります。

3.主成分ケラチンが失われる…

海水は弱アルカリ性です。髪の毛の主成分であるケラチンはアルカリ性に弱く、海水に濡れた状態が続くと溶けだして髪を傷めます。毛髪は死んだ細胞なので、独自に調整することができずダメージを受けます。

4.塩化マグネシウムで髪がギシギシ…

海水には塩化マグネシウムが含まれており、髪の主成分であるケラチンを凝固させる作用があります。海に入ると髪の毛がギシギシ…弾力が無いといった要因のひとつがこれです。

5.硫化カルシウムでツヤ感低下…

硫化カルシウムには硫酸が含まれているため、髪の毛にダメージを与えてツヤを無くす作用があります。嫌なやつですね。

 

サーファーがやるべきヘアケア対策

サーファーのダメージヘアケア

でもサーフィンをする上で海水に触れないことは不可能です。

そこで、サーファーの方でもある程度対策をしている方もいます。

・サーフキャップやハットを被る

・事前に髪の毛を保護するトリートメントやスプレーを使用する

・シャワー時にケアを行う

など、何かと方法はあります。

 

絶対にやるべきことは真水で洗うことです。

サーフィン後は必ず真水で全身を洗い流しましょう。

海水が付着していると、先ほど解説したダメージ成分によって髪の毛を傷める原因になります。

シャワーが冷たい…ギシギシで洗いにくい等、何かと面倒なこともありますが放置しておくと危険です。

シャワー設備があれば利用し、無ければタンクに真水を入れて持っていくようにしましょう。

ここまではサーファーの方なら誰もがやっている事ですが、それにひと手間加えて髪のダメージを最小限に抑えるのがオススメです。

 

サーフィン後に使えるヘアケアアイテム

特に以下のアイテムはサーフィン後に使いやすく、傷んだ髪の毛に最適です。

荷物の多いサーファーの方でもコンパクトなので持ち運びが便利です。

シャワー前、シャワー時、シャワー後に使用する各タイプを紹介します。

すべて使用するのが望ましいかと思いますが、いずれかだけでも海水によるヘアケア対策として効果があるでしょう。

シャワーに使用するタイプ

サーファーズ ダイアン ダメージケア リムーバー

内容量:100ml
原産国:日本
価格:¥972(税込)

ヘアダメージの原因となる、海水のナトリウム・マグネシウムやプールの塩素を中和し、ワックス・スプレーなどの整髪料をシャンプーで落としやすくするリムーバーです。

使い方としては、まず海から上がったらシャワー前にこのリムーバーを髪の毛全体に付けて、手グシで馴染ませます。

それからシャワーで洗い流す感じです。

香りはシトラス&スウィートラベンダーです。

 

シャワーに使用するタイプ

BYRD SOAP ON A ROPE(石鹸)

内容量:283g
原産国:アメリカ
価格:¥2,700(税込)

シェアバター、ココナッツオイル、アロエベラジェル、シーソルトを配合したBYRDの全身用石鹸です。

これ一つで髪の毛、顔、体の全てを洗うことができるので、まさにサーフィン後のシャワー時に最適です。

しかも石鹸にリーシュコードとサーフボードを繋ぐようなドローコードが付いているので、シャワーコックに掛けて使うことができます。

洗い上がりはしっとりと保湿力をキープしながらも汚れを落とす感じです。

香りはココナッツ&ザクロで海を感じる香りです。

 

シャワーに使用するタイプ

サーファーズ ダイアン ウォーター&サンケアプロテクト ヘアミルク

内容量:100ml
原産国:日本
価格:¥1,944(税込)

紫外線や海水・プールなどによるダメージヘアをケアするプロテクトミルクです。

シャワー後にタオルドライをした濡れた髪に適量を付けて全体に馴染ませます。

高い保湿効果を持つ海藻エキス配合で、ダメージを受けた髪の毛の表面をキューティクルに補修します。

また、髪を紫外線などの乾燥から守り、ツヤのある健康的な髪へ導きます。

シトラス&スウィートラベンダーの香りです。

 

まとめ

サーファーの悩みのひとつ、髪のダメージはアフターケアが重要です。

海水に浸かるスポーツなだけに、ダメージを受けることは防ぎきれませんが、それを最小限に抑えることはできます。

事前対策も大切ですが、やはりサーフィン後の早めのケアが大事かと思います。

うん、髪の毛は大事にしたい…

ご紹介したサーファーズダイアンは、サーファーの悩みである紫外線や海水による髪の毛のダメージから守るヘアケアアイテムを展開、

そしてBYRDはプロサーファーがプロデュースした商品なので、サーファーの事も良く理解されて開発されています。

当然、いずれもサーファーからの支持が高いです。

もちろん、ケアできるのはこれだけではありませんが、サーフィンに行くときはこういったヘアケアアイテムを忘れないようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク